« 抜け毛の季節 | トップページ | ありがとうございます(*^_^*) »

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

先週の月曜日

映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

↑クリックしてみてください)を

観てきました。

劇場のスタンプがたまったので無料で観させていただきました。

何を見ようかなーと思いましたが

時間的にちょうどよかったのと

私の世代にちょうどマッチしていることから選びました。

心が暖かくなる良い映画でしたよ。

大人だって夢をみたっていい。

そしてそれを叶えることだって可能だ。

それを教えてくれています。

|
|

« 抜け毛の季節 | トップページ | ありがとうございます(*^_^*) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、池田です。

この映画は感動が大きいですが素晴らしい作品です。
高めの年齢でありながら、念願の運転手になった夢と目標を果たせて素晴らしいと思います。
昔の古いタイプの電車は味があって、懐かしさも感じます。
スタンプがたまったので、無料で観る事ができたのがうれしいですね。

投稿: 池田 洋一 | 2010/06/29 22:58

IKEちゃん コンバンハ(◎´∀`)ノ
自分の人生ですもの、自分でプロデュースしなくちゃね!夢があれば叶えればいい。生きているうちにやっておかなくっちゃ。
おかげさまで私などは結構やりたいことをやってきてますが、まだまだ夢や希望はたっくさんありますよ!

この映画、観て良かったなと思います。電車好きな方だけでなく、いろいろな方に観てほしいです。

投稿: まりちゃん | 2010/06/29 23:06

これは本当にあったお話なのですか?
素晴らしいですねgood
幾つになっても夢を持ち続けて、しかも叶えられたらどんなに素晴らしい事でしょうねlovely
良いmovie作品の紹介をありがとうまりちゃんhappy01
ワーナーマイカル北見も紹介に載っていましたgood

投稿: のらねぃさん | 2010/06/30 22:54

まりちゃ~ん ヾ(*′○`)゚.+:。゚☆こんばんわぁ~☆
現実に700万払って電車の運転手になるという話しもありましたね。
年を捕れば取るほど、夢に向かってが難しくなりますが、(反対も多くなるし)夢を実現させた方たちに( ^_^)/q□☆□p\(^_^ ) カンパァーイですね。

投稿: kazu | 2010/06/30 23:11

子供が夢を追うのは、まあ、大事なんですが、我々の年代でも頑張れっって云うのが良いですよね〜。ん〜みたいw。

投稿: すむたれ | 2010/07/02 21:42

勇気を与えてくれる映画ですね!
いくつになっても挑戦してみようと思うことが
大切なんですね!
わたしも、頑張ろ!!!(^^)

投稿: トムジェリ | 2010/07/03 19:00

ねぃさん
はい、本当にあったお話ですよsign01
世の中高年に勇気rockを与えてくれるような映画で、観て良かったですsign03
映画は心の栄養剤だと思ってこれからもちょくちょく観に行きたいものです。


投稿: まりちゃん | 2010/07/06 07:14

kazuさん コンニチハsunあ、まだオハヨウだった!ヾ(´ε`*)ゝ
自分の人生だから、やっぱり生きているうちに夢は叶えないとね!
私は結構やりたいことをやってきたのですが、「こうなりたい」と思ったらまずは公言してみるのが良いと思うのです。それによって周りの人の理解と協力が得られやすいし、自分も言ってしまった以上はそれに向かって突き進まなければならなくなりますからね。年齢は気にすることはないと思うのです。いくつになっても挑戦ですよ~!

投稿: まりちゃん | 2010/07/06 07:22

すむたれさん
夢を持つってことは子供も大人も必要だと思うのです。大人になっても成長、進化はできると思うのです。それをできないと思ってしまえばできません。
良い映画ですから、是非~up

投稿: まりちゃん | 2010/07/06 07:25

トムジェリさん
そう!勇気を持つ、って大事ですよね。
この映画が教えてくれたことを自分の栄養にして今後も更に頑張っていきたいです。
いくつになっても夢を持ち、挑戦する姿は素晴らしいですね!

投稿: まりちゃん | 2010/07/06 07:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71101/48752306

この記事へのトラックバック一覧です: RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語:

« 抜け毛の季節 | トップページ | ありがとうございます(*^_^*) »