« 多いけど | トップページ | 次女からの »

ラーメン屋さんへ行ったよ

さーて、今日はラーメン屋さんに行ったという話題だよ

ゴールデンウイーク最後の日、6日に家で資料作りに励んでいた私。

連日パチンコ通いの夫が帰宅。

「おい、ジャスコ行くぞ!」

そんな急に言われても・・・

「行かんのか!o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!」 

「行くわっ!(゚Д゚#)ゴルァ!!」などとやりとり。

別に喧嘩してるわけじゃありません。コレが普通なんです。

資料作りは一旦中止。とりあえず着替えてとりあえず簡単に化粧して。

夫は車の中。早くしろと言わんばかりにエンジンかけて待ってます。

(全く自己中な人なんだからぁ~)

ジャスコに行って夫の下着と靴下と靴を購入。

(私のものは一切ありません。)

「夕ご飯は?」と聞くので「何も考えてない」と言うと

自然な流れ?で外食することに。

店内を見たけどいまいち夫が「コレ食べたい」ってものがなく

少し車を走らせてラーメン屋さんに行きました。

行ったのは一番亭(←クリックしてみて)さんです。

でも、私はラーメンは食べなかったのよ。

なぜかって、だってお昼に自分でラーメン作って食べたんだもん。

Sml_ts330405 Sml_ts330404

チャーハンとモヤシサラダと杏仁豆腐いただきました。

とっても美味しかったです。

夫はラーメンとチャーハンのセットを食べましたが、

チャーハンについてきた小さい器に入ったものが醤油だったのが気に入らなかったようです。「ソースのほうが良かった」とぼやいていました。

|

« 多いけど | トップページ | 次女からの »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ね、ね、なしていきなりご主人は「ジャスコに行く!」になったの?
お目当てがあったのかなぁ。
まりちゃんとデートしたかったのかにゃ?♪
ご主人はチャーハンにソースなのね!(^^ゞ

まりちゃ~ん、お腹空いたよぉぉ
今夜はチャーハンにしよう!

投稿: たま吉 | 2008/05/09 15:59

こんばんは、池田です。

旦那さんとのやりとりには神経を使って、大変ですね
おいしいものとなれば、別と思います。
画像をしばらく眺めると、こちらもよだれが出そうで、自分の箸を画像に差し出したい気分です。
我慢も限界?いっただきまーす

投稿: 池田 洋一 | 2008/05/09 21:23

たましゃんへ
実は、前日にも「ジャスコ行く!」って自分で言っておきながら(短気なのか?)いつの間にかまたパチンコ屋へ行っていた・・・しょうがないので私が一人、夫の欲しいと言っていたシャツとパンツ(下着のほうでしゅ)を買ったんだけど、「もっと欲しい」とのことで連日いくハメになっちゃったんだ。私だってきるもの欲しいけど我慢だよ。そのうち一人で勝手に買ってくることになるでしょうね
デート?とんでもなーい!夫は一人で買い物行けないだけですよ。
チャーハン、いいよね~私は醤油でOKだよ~

投稿: まりちゃん | 2008/05/09 23:41

まりちゃ~ん ヾ(*′○`)゚.+:。゚☆こんばんわぁ~☆
一度でいいから「お~~い、行くぞぉ~」「早くしろよぉ~」って言って見たい出~す(>_<)
ちなみに、私はチャーハンは塩コショウだけです。

投稿: kazu | 2008/05/09 23:49

IKEちゃんへ (*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪いらっしゃ~い
イヤイヤ、全く無神経にしゃべってますよ。売り言葉に買い言葉ってやつです。お互いどんどん粗野になっていきますよ。
美味しいものを食べに行くのはいいんですが、夫と食べるのはどうも楽しくなくて美味しさも半減してしまいます。よっぽど相性が悪いのか、お互いが思いやりに欠けるんでしょうかね。
「よく別れないでいられるね」って言われますが、危機は結婚前からず~っと続いてますよアハハ!
IKEちゃん、どうぞ召し上がれ!ここのお料理は美味しいからまた行きたいです。

投稿: まりちゃん | 2008/05/09 23:50

おっと、kazuさんからコメント来てた時間差攻撃ナリィ~
こんばんはkazuさんkazuさんはお優しいのでこんな無神経なこと言わないんですよね。
朝、ちょっとゆっくりしてると「今日休みかっ!」って言うんですよ!いちいちムカッと来るような言葉しか言わないのでその度に怒っていちゃコッチが持たないのです。全くこの人といるといい人生修行ができると言うものですよ。
チャーハンに塩コショウもいいですよね~
あっ、私ったら要するに食べるものならなんでもOKみたいですね~

投稿: まりちゃん | 2008/05/09 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多いけど | トップページ | 次女からの »